部品の複合化ロウ付によりコストダウンを実現

例えば、今までのBS-Cu-SUSをフラックスと使用してバーナーロウ付していたものに変わる、水素炉による無酸化光輝ロウ付方法を開発しました。これは環境にも優しく、大幅なコストダウンを図ることができ、今では業界の標準となっています。

また、鍛造切削をしていた3部品を切削・プレス・ロウ付により一体化することができるようになり、大幅なコストダウンを可能にしました。
brazing_figure05

精密ロウ付対応

カーエアコンのコントロールバルブをはじめ、電磁弁センサーキャップ、その他の部品で、ロウ付けによる組付精度は、50ミクロンを満足することを要求されていますがこれらをクリアする精密ロウ付を可能としています。
brazing_figure04
下記の特殊な金属・非金属同士のロウ付にも対応しております。

1.Al材とSUS材とのロウ付
2.ダイヤモンドとSUS材とのロウ付
3.セラミックとSUS材とのロウ付
4.カーボンとCU材のロウ付 など

〒444-0124 愛知県額田郡幸田町大字深溝字松井8の1
TEL:0564-63-0555  FAX:0564-63-0590
E-Mail:info@kandori.jp

Copyright© 2013 - 2017 溶接 ロウ付加工 固溶化熱処理 – 株式会社カンドリ工業 All Rights Reserved.